奥羽山脈|日本百名山.net

日本百名山.net奥羽山脈

奥羽山脈

Ou-Mountains
奥羽山脈

奥羽山脈(おううさんみゃく)は、日本の東北地方の中央部を、青森県から栃木県にかけて南北に延びる日本最長の山脈である。

日本の本州最北端の県である青森県の夏泊半島付近から、ほぼ南西方向に岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県と縦断し、栃木県那須岳連峰まで約500kmにわたって連なる脊梁山脈である。

標高約1,000mから2,000m前後の山々が連なり、最高地点は岩手県に位置する岩手山(標高2,038m)である。

東日本火山帯の一部である那須火山帯に含まれており、八甲田山八幡平岩手山、栗駒山、蔵王連峰吾妻連峰安達太良山那須岳などといった火山が存在する。

この山脈の名称である奥羽は、日本の律令制に基づいておかれた令制国である陸奥国(奥州)と出羽国(羽州)をあわせた総称に由来する。陸奥国と出羽国に見られるように、かつてよりこの地域を二つに分け隔てる山脈であった。現在も岩手県と秋田県、宮城県と山形県に見られるように、この山脈に県の境界が置かれている。

日本の気候、特に東北地方の気候もこの山脈によって日本海側気候と太平洋側気候の二つに分け隔てられる。

山脈の一部が十和田八幡平国立公園、栗駒国定公園、蔵王国定公園、磐梯朝日国立公園、日光国立公園に含まれる。

奥羽山脈の百名山

地図の赤い▲のみ表に掲載しています。
表の項目クリックで並べ替えが出来ます

# 名前 標高 エリア
11 八甲田山 1584 東北
12 八幡平 1614 東北
13 岩手山 2038 東北
18 蔵王山 1841 東北
20 吾妻山 2035 東北
21 安達太良山 1710 東北
22 磐梯山 1816 東北
24 那須岳 1917 関東

主な山岳

八甲田山系 - 日本百名山

  • 八甲田大岳
  • 駒ヶ峯
  • 櫛ヶ峯

八幡平周辺

  • 八幡平 - 日本百名山
  • 秋田焼山
  • 秋田駒ヶ岳
  • 烏帽子岳(乳頭山)

岩手山

真昼山地

  • 和賀岳
  • 白岩岳
  • 真昼岳

栗駒山周辺

  • 焼石岳
  • 栗駒山
  • 神室山
  • 荒雄岳

船形山周辺

  • 船形山
  • 白髪山

蔵王連峰 - 日本百名山

  • 雁戸山
  • 熊野岳
  • 馬の背
  • 刈田岳
  • 屏風岳
  • 不忘山

吾妻山(吾妻連峰) - 日本百名山

  • 西吾妻山
  • 中吾妻山
  • 東吾妻山
  • 吾妻小富士
  • 一切経山

安達太良山系

磐梯山周辺

  • 磐梯山 - 日本百名山
  • 櫛ヶ峰
  • 会津布引山

那須岳 - 日本百名山

  • 茶臼岳
  • 朝日岳
  • 三本槍岳
  • 南月山
  • 黒尾谷岳