安達太良山|日本百名山.net

安達太良山

Mt.Adatara
安達太良山

※ 画像はwikipediaより引用

名称 安達太良山
よみ あだたらやま
所在地 福島県
標高 1,728m
山系 奥羽山脈
種別 成層火山
分類 日本百名山
新日本百名山
花の百名山
うつくしま百名山

安達太良山(あだたらやま)は福島県中部にある火山である。日本百名山新日本百名山花の百名山及びうつくしま百名山に選定されている。

数万年前までは、マグマ噴出を繰り返す活動が活発な火山であったが徐々に沈静化。約2,400年前の噴火の際にマグマ噴出以降は、時折、マグマ水蒸気爆発を繰り返す程度となる。

観光では沼ノ平周辺の荒涼とした火山の景観がみどころ。また、ガンコウラン、クロマメノキなどの高山植物を始めとし、ヤエハクサンシャクナゲ、サラサドウダン、レンゲツツジなどが咲き誇り、田中澄江著「花の百名山」の一座にも選ばれている。この火口を中心とする優れた景観と、高山植物を保護するため、磐梯朝日国立公園に指定されている。また、岳温泉、奥岳温泉、塩沢温泉、野地温泉、横向温泉、沼尻温泉など、多くの温泉場が取り囲んでいる。冬期は、あだたら高原、塩沢、箕輪の各スキー場が運営される。緩やかな山体から山スキーのメッカとしても名高い。