大菩薩嶺|日本百名山.net

大菩薩嶺

Mt.Daibosatsu
大菩薩嶺

※ 画像はwikipediaより引用

名称 大菩薩嶺
よみ だいぼさつれい
所在地 山梨県 静岡県
標高 2,057m
山系 奥秩父山塊
分類 日本百名山
花の百名山
新・花の百名山

大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県甲州市(旧塩山市)と北都留郡丹波山村に跨る標高2,057mの山である。

奥秩父山塊に位置し、大菩薩連嶺の主脈を構成している。日本百名山の一つに選ばれている。深田久弥や木暮理太郎などは、その著書に大菩薩岳(だいぼさつだけ)と表記している。

名称の由来は、源義光(新羅三郎義光)が後三年合戦の際に軍神の加護を願い「八幡大菩薩」と唱えたこと、また、観音菩薩が祀られていること、などのいわれがある。

大菩薩嶺山頂は樹林帯のため眺望はない。そのため、大菩薩嶺のみを目指して登ろうという者は少なく、多くの登山者は大菩薩峠とセットで登っているようである。