大雪山|日本百名山.net

大雪山

Mt.Taisetsu
大雪山

※ 画像はwikipediaより引用

名称 大雪山
よみ たいせつざん
だいせつざん
所在地 北海道
標高 2,291m
種別 火山
分類 日本百名山
新日本百名山
花の百名山
新・花の百名山

大雪山(たいせつざん、だいせつざん)とは、北海道中央部にそびえる火山群の名称である。一つの山ではないことを明確にするため、「大雪山系」という呼称もしばしば使われる。大雪山系と言われる場合、広義には表大雪、北大雪、東大雪、十勝岳連峰を包含する大雪山国立公園の南北63km、東西59kmと広大な広さとなり、その面積は神奈川県とほぼ同じである。

「大雪山」は本来、現在「表大雪」と呼ばれている、お鉢平を中心としたエリアを指す呼称であり、「大雪山系」がそのように使われることもある。先住民アイヌは「ヌタップカウシペnutap-ka-us-pe」もしくは十勝岳連峰と合わせて「オプタテシケop-ta-tes-ke」と呼んでいた。

国の特別天然記念物(天然保護区域)及び国指定大雪山鳥獣保護区(大規模生息地、面積35,534ha)に指定されている。

狭義の大雪山は下で述べる「東大雪」「北大雪」に対し「表大雪」とも呼ばれる。東大雪、北大雪を含めたものが広義の大雪山である。なお、お鉢平の底部には、「有毒温泉」と呼ばれる温泉が湧いており、温泉とともに、強力な毒性を持つ硫化水素ガスが噴出しているため、立ち入り禁止となっている。お鉢平の北側の稜線(りょうせん)から少し下った所、登山道に沿った渓谷の脇にも高温の湯が湧いている。ここは人間も入湯可能で、中岳温泉と呼ばれて最近の秘湯ブームで訪れる人が増えている。