空木岳|日本百名山.net

空木岳

Mt.Utsugi
空木岳

※ 画像はwikipediaより引用

名称 空木岳
よみ うつぎだけ
所在地 長野県
標高 2,864m
山系 木曽山脈(中央アルプス)
種別 隆起、圏谷
分類 日本百名山

空木岳(うつぎだけ)は長野県駒ヶ根市、飯島町、大桑村にまたがる標高2,864mの山。木曽駒ヶ岳に次ぐ木曽山脈(中央アルプス)第二の高峰であり、日本百名山に選定されている。

概要

1951年(昭和26年)に、中央アルプス県立自然公園に指定された。『日本百名山』の著者である深田久弥が同著を執筆する際、木曽山脈南半分から一つ選ぼうとして南駒ヶ岳と空木岳とで迷った結果、最終的にはわずかに背が高いこと、そして山名の美しさから空木を選んだという。また山頂には、二等三角点があり、花崗岩の大きな岩が乱立する。山頂直下の北東には空木駒峰ヒュッテがあり、その先の稜線上には「駒石」と呼ばれる巨石がある。東北東に広がる空木平カールには無人小屋の空木平避難小屋がある。

山名の由来

山名は、春に麓の伊那谷から見上げた時、空木岳の頂上だけ雪が残っているのが見え、その残雪模様が卯木(ウツギ)に似ているためとされている。また、ウツギの木が多いことも由来であるとする説もある。西側に下った鞍部は木曽殿越と呼ばれ、平安時代の1180年(治承4年)に、武将木曾義仲が越えたという伝説があり、登山道には「義仲の力水」と呼ばれる水場がある。干天時には、涸れることがある。

自然・環境

山頂一帯は花崗岩の岩場であり、その白い砂礫地となっている。空木岳の頂上東側は空木平カールと呼ばれる圏谷地形で、森林限界のハイマツ帯の高山植物の宝庫である。北隣の東川岳からは目の前に立ちはだかるようなピラミッド状の空木岳を見渡せる。1960年(昭和15年)から翌年にかけて周辺で見られたライチョウは、その後確認されていない。周辺では、西側が風が吹くことが多く、風向きが変わると天気の変わり目となることが多い。

周辺の動植物

山頂付近には、オコジョ、ホシガラス、イワヒバリなどが生息し、山腹にはニホンカモシカ、ニホンジカなどが生息している。東斜面の空木平では、チングルマ、ハクサンイチゲ、タカネグンナイフウロ、アオノツガザクラなどの高山植物が見られる。

登山

中央アルプス縦走ルート

山頂は、中央アルプスの主稜線にあり南北の縦走ルートとなっている。千畳敷カールから木曽駒ヶ岳に登り、空木岳まで縦走して、池山尾根を下るルートがよく利用されている。

池山尾根のルート

菅ノ台(駒ヶ根高原)から池山尾根に沿ったルート。下部の池山小屋付近では、池山を通る稜線ルートと山腹を通るルートがある。上部では、駒石を通る稜線ルートと空木平を通るルートがある。

倉本からのルート

JR東海中央本線倉本駅から、二つの尾根を越えて、木曽殿越に至るルート。伊奈川ダムからの伊奈川林道を通るルートは、うさぎ平でこのルートに合流する。

地理

周囲の山

中央アルプスの中部の主稜線上にある。東北東には池山尾根、東南東には丸山尾根が延びる。北西の東川岳との鞍部は「木曽殿越」と呼ばれる。