羊蹄山(後方羊蹄山)|日本百名山.net

日本百名山.net日本百名山一覧羊蹄山(後方羊蹄山)

羊蹄山

Mt.Youtei
羊蹄山

※ 画像はwikipediaより引用

名称 羊蹄山
よみ ようていざん
所在地 北海道
標高 1,898m
山系 独立峰
種別 成層火山
分類 日本百名山
新日本百名山
新・花の百名山

羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山新日本百名山及び新・花の百名山に選定されている。

羊蹄山は円錐形の成層火山で、2003年に気象庁により活火山に指定された。山頂には直径700m、深さ200mの火口(父釜)があり、西北西斜面にも側火口(母釜、子釜)を持つ。

支笏洞爺国立公園に属し、山頂は倶知安町・喜茂別町・京極町・真狩村・ニセコ町の境をなしている。一等三角点(点名「真狩岳」)の旧山頂が1,892.7m、三等三角点(点名「雲泉」)の北山が1,843.7mである。

山腹にはキタキツネ、エゾクロテン、エゾリス、エゾシマリス、エゾモモンガ、エゾユキウサギなどの哺乳類が生息しており、130種類以上の野鳥がいることも確認されている。

また、名水の地としても知られ、周囲には無料で利用できる水汲み場が数か所ある。

富士山によく似た整ったその姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称される。明治、大正から昭和にかけて後方羊蹄山(しりべしやま・こうほうようていざん)、マッカリヌプリ、蝦夷富士の呼び名が併存していた。また一部の地図にはマッカリ山(真狩山)の表記も見られた。

陸地測量部の大正9年発行の5万分の1地形図「留寿都」では後方羊蹄山(蝦夷富士)と記載されていた。しかし難読であったことから地元の倶知安町が羊蹄山への変更を求め、国土地理院の昭和44年11月発行の地形図から羊蹄山と書き換えられた。このため現在の羊蹄山の名が定着することとなった。

旧名である後方羊蹄山は、斉明5年(659年)に阿倍比羅夫が郡領を置いたと日本書紀に記されている地名後方羊蹄(しりべし)に由来する(実際に同じ場所を指すかどうかは不明)。なお、後方で「しりへ」と読み、植物のギシギシの漢名である羊蹄を和名で「し」と読む。アイヌの人々はマッカリヌプリもしくはマチネシリ(雌山)と呼び、南東にある尻別岳(1,107m)をピンネシリ(雄山)と呼んだ。なお尻別岳は後方羊蹄山に対して前方羊蹄山と呼ぶことがある。