会津駒ヶ岳|日本百名山.net

会津駒ヶ岳

Mt.Aizu-komagatake
会津駒ヶ岳

※ 画像はwikipediaより引用

名称 会津駒ヶ岳
よみ あいづこまがだけ
所在地 福島県
標高 2,133m
山系 越後山脈
分類 日本百名山
新・花の百名山

会津駒ヶ岳(あいづこまがだけ)は、福島県南会津郡檜枝岐村にある標高2,133mの山である。日本百名山の一つ。一等三角点「岩駒ケ岳」(標高2,132.4m)設置。

概要

会津駒(あいづこま)の略称で親しまれている。単に「駒ヶ岳」と呼ばれることも多い。

頂上とその稜線は草原のようになっており、木道の敷設されている場所もある。山頂から北北西の中門岳方面への稜線には池塘が多く、高山植物が多い。

冬季には山スキーのメッカとなる。

2007年(平成19年)8月30日、尾瀬国立公園の一部として新たに国立公園に指定された。

歴史

残雪期に駒の形に見える雪形の現れることが「駒ヶ岳」という山名の由来とされる。江戸時代の文化年間に編纂された『新編会津風土記』では、「駒嶽 夏秋ノ間残雪駒ノ形ヲナス処アリ、故に此名アリ」とある。

古くから信仰の対象の山であり、檜枝岐村、南会津町伊南地域には駒嶽神社がある。

アプローチ

滝沢登山口

檜枝岐村内の国道352号から林道に分岐し、林道を約1.9kmで登山口駐車場。登山口から駒ノ大池を経由して山頂まで約5.3km、約3時間30分。

その他の登山口

キリンテ登山口:キリンテの国道352号から大津岐峠を経由し、稜線を縦走、山頂まで約7.8km、約5時間。

御池登山口:尾瀬入口の御池近くの国道352号から大杉岳、大津岐峠を経由し、稜線を縦走、山頂まで約10.5km、約6時間。

山頂からの眺望

南東に田代山、帝釈山、女峰山、男体山。南に日光白根山。南西に燧ヶ岳至仏山、平ヶ岳。西に中ノ岳、越後駒ヶ岳。北に丸山岳、会津朝日岳が見渡せる。

山頂付近の花

田中澄江により花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。

ショウジョウバカマ、アズマシャクナゲ、イワカガミ、イワイチョウ、ハクサンシャクナゲ、チングルマ、ハクサンコザクラ、タテヤマリンドウ、ワタスゲ、コバイケイソウ、キンコウカ、ミヤマリンドウ、イワショウブ、ミヤマキンポウゲなどの花が見られる。